宅配業者の利用料金と注文単位の比較

水の宅配業者の料金とサービスの比較についてですが、まずは「注文単位」について説明します。注文単位というのは、水の宅配を行う際に、どの量を1つの単位として宅配するのかということを言います。一例として、ある業者では1回の宅配で12リットル容器を2本から注文単位として定めているところがあります。

重要になるのは、この注文単位が多すぎないかということです。せっかくなのでまとめて宅配してもらおうと思い、たくさんの量を注文したとしても、利用回数が少なければ保管の際のスペースも考えなければならないのでとても手間です。さらに、定期便でしたら、注文単位が多いと、前回届いた水が残っている状態で次の水が届いてしまうことも考えられます。当然、その次も消費することができずにどんどん水のボトルだけが溜まっていく可能性があります。

料金とサービスを比較する際には、適切な量の注文単位が選択できるようになっているかを確認しましょう。次回注文時までに水のボトルが余るような量になっている場合は、適切ではない料金との比較になってしまう可能性があります。宅配業者によっては、きちんと料金の比較できるように、シミュレーションができるようにしているところもありますので、料金面に関しても比較しやすい場合があります。